· 

ベーシックとセブン・トリートメント

  時々、「ベーシック・ヒーリングとセブン・トリートメントのどちらを受けたら良いでしょうか?」というご質問を頂きます。そのため、今回はふたつのヒーリングの違いと選択の目安をご紹介したいと思います。

 

 基本的に、どちらのヒーリングも霊的なエネルギーと高次の存在たちの働きかけによるものであることは同じですが、受けるペースや対象となる方、ヒーリングのプロセスなどに違いがあります。

 

 ベーシック・ヒーリングは、特に回数の枠などもないので、ご自身の変化の様子を見ながら、自分のペースで受けたい場合に適しています。

 

 対象となる病気や症状のタイプ、精神の疾患、心の悩みの質、年齢など特に限定はありません。症状の重さなどに応じて、1~2週間から1ヶ月程度の間隔をあけながら、ヒーリングを受けて頂くようになります。セブン・トリートメントと比べると、比較的穏やかにヒーリングのプロセスが進行していきます。

 

 それに対して、セブン・トリートメントは予め7回という枠が設定されています。(セブン・トリートメントが考案された経緯について詳しくは、資料室のこちらの記事を参考にして下さい。)この7回という回数は、潜在意識の中のエレメンタルを着実に変容させていくために十分な時間とステップを取り、個人の中の変化が安定して持続されるようにと用意されています。

 

 それぞれの人が変えたいと思って取り組むテーマは、大抵のケースで7回のヒーリングを通して完了し、問題となっていた症状や精神・感情のパターンは自然な形で解消されていきます。また、プロセス中に自己に対する様々な気づきが増すのも特徴です。

 

 その分、変化の過程で、潜在意識に隠れていた感情や精神のパターンが一時的に表面化することがよくあるので、そうした変化に対応していくためにも、自分の中の問題や課題を変えたいと願う意志の力が必要です。また、カルマの解消に関わるプロセスのため、対象は成人された方のみになります。

 

 どちらのヒーリングを選ぶかについてですが、両方の説明を読んだり聞いたりした上で、ご自身のニーズに合うと自然に感じるものを選択して頂くのがベストです。もしどちらにしようか決めかねる場合には、ベーシックを選択するのが良いと思います。また、慢性的で比較的重い精神疾患等を持っている方には、セブン・トリートメントよりもベーシック・ヒーリングを継続的に受ける方法をお勧めしています。

 

(2016年3月9日)