· 

2020年の始まりに

 2020年が始まりましたね。今年はどんな年になるのでしょうね(^_^)

 

 最近クライアントの方が、最近の自分自身の経験を振り返りながら、こんなことを話してくれました。

「痛みを経験することで、多くのことを学ぶことができました。でも、こんなに痛みを感じなくて済むなら・・・とも思います」

それを聞いて、私も本当にその通りですよねと答え、思わず二人で笑ってしまいました。そして、実は痛みを減らす道もあるんですよと付け加えました。

 

 私たちは肉体的、精神的に何らかの痛みや苦しみを経験する時、自分を顧みてその経験から学び、気づいたところを改めながら、少しずつ成長しています。痛みを伴う経験は、神聖な法則によってもたらされているので、誠実に向き合えば、成長を促してくれるレッスンになります。

 

 でも、私たちが成長するためには常に痛みが必要なのかと言うと、必ずしもそうではないのですよね。ダスカロスは、痛みは減らすことができると言っていました。

自己成長の道には、カルマによる愛の鞭によるものか、真理を学び理性を使って進んでいく道があり、後者の道を選び歩んでいけば、不必要な痛みを経験することはなくなると。

 

 2千年前、イエス・キリストは完結な言葉で次のように説きました。

 

「あなたたちは真理を知り、

 真理はあなたたちを自由にする」

(新約聖書 ヨハネによる福音書8章32節)

 

 私たちは、優れた先人達、聖者や神秘家、教師達が残してくれた真理の宝石の輝きを見ることができます。それはキリストに限らず、古今東西、神から与えられた真理を、様々な師達が様々な形で教え、道を示してくれました。

だから、私たちが望みさえすれば、その宝石から照らし出された光を受け取るという選択肢は常に用意されているのです。

私たちが、真理の光に照らされて、軽やかに道を歩んでいくことができるように。

 

 2020年が良き年になりますように。

そして、地上に住む人や生き物たち、そしてあらゆる場所に多くの祝福が降り注ぎますように。