カテゴリ:潜在意識



図書室 · 2019/11/19
 庭のシンボルツリーの欅はここ1週間ほど風に吹かれ、みるみるうちに葉っぱを落とし、地面は枯れ葉の絨毯で埋まり、透き通った光がたっぷりと降り注ぐ季節になりました。落葉に合わせて、ヒーリングルームにある薪ストーブにも火入れしました。毎年のことながら、今年もこの季節が来たなぁと感じる冬の入口が、私は結構好きです(^_^)...
図書室 · 2019/03/29
 時々読み返したくなる本の一冊に『ゲド戦記』(ル・グウィン著)があります。アースシーという架空の世界で、魔法使いゲドが少年から老年に至るまでの人生を描いた冒険ファンタジーなのですが、私は6冊シリーズの中でも1巻の「影との戦い」が好きです。...
図書室 · 2018/06/23
 「千恵さん、自分らしさってどう考えますか?自分らしいって、色々あるじゃないですか。いい所もあるし、悪い部分もあって・・・。そのすべてが自分だと思って、ありのままに受け止めてあげれば良いということなのかしら?」 以前、クライアントの方からこんな風に問いかけられたことがありました。
図書室 · 2017/08/26
今回は、内的な取り組みの助けになる方法として、自己暗示を取り上げてみます。 自己暗示には、私たちの潜在意識を通して作用して、体や心、精神に影響を与える力があります。そのため、自己暗示の作用を意識的に正しく使えば、内省と組み合わせて、自己変容の取り組みにも役立ちますし、健康や達成したい物事などを実現するための手段としても有効です。...
図書室 · 2016/04/15
 「魂の成長と潜在意識」のタイトルで、内省を通じて、潜在意識中のネガティブなエレメンタルに取り組むことの大切さを書いてきましたが、今回は少し角度を変えて、エレメンタルと病の関わりについて書いてみます。...
図書室 · 2015/12/18
 日常的に自分自身のエレメンタルに直接取り組むことで、私たちは誰でも自身の行動や感情、思考のパターンを切り替えていくことができます。そのための具体的な方法の一つに内省があります。
図書室 · 2015/11/19
 キリスト教神秘主義者であり、霊的な教師だったダスカロスは、人間の潜在意識には、幼少期からの経験、また数々の過去生の経験から、無数の記憶、感情や欲望、思考が生命を持ったエネルギー形態として蓄積されているとした上で、これらのエネルギー形態をエレメンタルと呼びました。 *  *  *  *  *  *  *...
図書室 · 2015/11/08
 「兄弟の目にあるおがくずは見えるのに、なぜ、自分の目にある丸太に気づかないのか」   (マタイの福音書 7章3節)...