· 

セルフケアのすすめ

 春ですね。今年の春は気温が上がるのが早く、周囲の山や庭の緑が芽吹いてきたり、花々が開くのを楽しむ一方で、「あれ!これがもう咲いてるの?!」とびっくりしたりしています。

 

 暖かくなってくると、体も内側からむずむずしてきて、動き出したくなってきますよね。私は普段の体のケアとして、自力整体という自分でできる整体体操のようなものを取り入れています。季節の変わり目の今頃は、寒さで少々縮こまっていたり、固くなっていた体のあちこちが伸びて緩みやすくなりますし、エネルギーが体内を巡る感じも強まるので、最近は体の中にも春が来て、目覚めていくような感覚を楽しんでいます。

 

 さて、そんな風にあらゆる生き物も、心も体も動き出す春の時期なので、セルフケアについて。

 

 体や心を健康に保つための方法は巷に色々ありますし、個人の気質や体質、好みの問題もあるので、具体的なところには触れませんが、とにかく自分に合ったメンテナンスの方法を見つけて、日常に取り入れられるといいですよね。

 

 それがすでに自分なりの方法を見つけて実践できる場合は良いのですが、体や心のセルフケアをしようと思っても、始める前にハードルを感じるということはありませんか?

例えば、「○○○を始めたいんだけど、なかなか出来ない」「○○○を取り入れたいと思っているんだけど、忙しくて時間がない」などなど。いくらでもできない理由が出てきます。

 

 私も以前、体のメンテナンスとしての運動、または瞑想や呼吸法などといったエクササイズをやろうとしても日常的に継続できずに悶々としていたことがあるので、よく分かるのですが、そういう時は、やりたい、やらなくてはと思えば思うほど空回りして、全く動き出せないものなんですよね。

 

 でも、なぜ体や心の健康のためになることをやりたいのに、実行に移せないのでしょうか。簡単に一言で言ってしまえば、自分の意志の力を上回り、実行に移すのを阻害するだけのエネルギー的な要因が潜在意識の中にあるからなんです。

 

 そうしたエネルギー要素は、「もっと他にやることがある」「こんなことをやっていても仕方がない」などと最もらしく頭の中に語りかけてきたり、本来やりたいと思っていることに時間もエネルギーも割けないように、次々と他の行動に駆り立てたりするわけです。全く困ったものです。

 

 そうしたパターンを変えるための方法として、内省がありますが、自分一人では同じところで堂々巡りをしてしまうこともあります。普段、そんな方には、セルフバランスのセッションを受けてみることをお勧めしています。

 

 セルフバランスのヒーリングは、4つのエレメント(元素)を浄化して整えるので、それ自体が心身のメンテナンスになりますし、同時に、健康になるのを妨げている潜在意識中の要素、心の癖があれば、それが弱まっていくように働きかけて、変化を促してくれます。また、カウンセリングでは問題になっているところに焦点を当てて、一緒に観察し、日常の中でネガティブな方向に引っ張る作用が出てきたときに、それを自覚して、切り替えることができるように学んでいきます。

 

 ヒーリングだけでも十分効果的なのですが、カウンセリングで意識的に取り組む方法を身につけていくことで、その変化をより深めていくことができます。ネガティブな引っ張りが起きた時に振れたとしても、その都度観察して、自分なりに意識的にバランスを取り戻す力を身につけていけば、色々な場面で応用できるようになります。

 

 そんなわけで、この春、新しい方向に動き出したいけれど、もう一歩何か後押しがあればという方、自分の心や体に意識的に向き合って、セルフケアのための土台作りをしてみたい方は、ぜひ1度セルフバランスのセッションを受けてみて下さい。