· 

春と希望

新しい春がやってくる

暖かな風に希望をのせてやってくる

 

風が優しく頬に触れ

言葉にならない声で語りかける

 

乾ききった大地に

もう何も芽吹くことがないと思えた褐色の地にも

 

小さな希望のように

いのちの種がひそんでいる

 

風は教えてくれる

種はいつか成長すると

 

風に耳をかたむけるが

もうその声は聞こえない

 

風は自由に吹いて

他のだれかの耳元にささやきかけているのだろう

 

 

新しい春がやってくる

暖かな風に希望をのせてやってくる

 

風が優しく頬に触れ

言葉にならない声で再び語りかける

 

いのちの種が

芽吹こうとしていると

 

風の声を聞いた

 

だから自分の内側に下りていこう

その種を見つけるために