· 

苦しみの意味〜ホワイトイーグルの書籍より

 北杜市の辺りは、いつもなら梅雨でも割とからっと過ごしやすい土地ですが、今年は久しぶりに梅雨らしい曇りと雨続きの毎日。青空が本当に待ち遠しく感じます。

 

  さて、今回はホワイトイーグルによるヨハネの福音書の解説から、文章の一部を取り上げたいと思います。生きていると人生には様々なことがあります。喜びや幸せを感じることも、また痛みや苦しさを感じることも、どちらの側面も人生の中に織り込まれています。特に苦しさを感じる時期は、その時に沸いてくる様々な感情や状況に押しつぶされてしまいそうなこともあるかもしれません。

 

 《苦しみの意味》というタイトルの9章では、ヨハネの福音書9章中でイエス・キリストに癒された盲人の話を取り上げながら、苦しみという経験が持つ意味合いをホワイトイーグルが解説しています。その中で、苦しみにはいくつかの側面があり、その一つがカルマの精算、魂の成長や目覚めのために起きていること、また別の側面では苦しみの経験を引き受けることで他者に奉仕する機会になっているということを述べています。ここでは、前者の魂の目覚めや発達に焦点を当てた部分を抜粋して紹介します。

 私たちは、普段物質的な視点で物事を見ることに慣れすぎているので、時には魂という広い視点から自己を振り返ったり、すべての現象の背後で働いている神聖な法則を思い起こすことも大きな助けになるかと思います。

 

 どんよりとした空模様が続く日々でしたが、外の世界にもそろそろ眩しい太陽の光が顔を出してくれそうですね。そして、心の中にも明るい光が差し込みますように(^_^)

 

 

『The Living Word of St John   White Eagle's Interpretation of the Gospel』 

 第9章《The Meaning of Suffering》より翻訳抜粋

 

*  *  *  *  *  *  *

 

 ほとんどの人々は、物質的または肉体的に問題を抱えている物質レベルの人生が、実は内的な人生の最も外側にある表現だということに気づいていません。物質的な問題とは、物質レベルの人生に関わっているものを意味しています──環境、仕事、経済的困難など、標準的な西洋人にとってはとても重要に思えるようなことです。肉体的な問題とは、体の健康に関する問題や、魂に由来する体の問題のことを指しています。ここで、魂の問題とは心理的な原因から起きているもの、または魂やサイキックな力の発達のために起きている困難さのことを意味しています。その問題は最終的に、外側の自己、物質的、肉体的な人生を通して、表現されてきます。そのため、人が肉体次元で苦しむのは、ある意味では魂の目覚めや魂の生き返りのために起きていると言っても差し支えないでしょう。

 (中略)

 

 魂は現在の人生の中で新しいカルマを生み出し、今日蒔いた利己主義、貪欲、思慮のなさといった種の結果を先の転生において見ることになるでしょう。そのカルマは物質的な苦しみまたは感情的な苦しみとして現れるかもしれませんし、最終的には肉体的な苦しみとして現れてくるかもしれません。明らかに不治の病が起きている場合、ある特定の魂の弱さが、肉体的な経験という最終段階を通して取り除かれているのです。

 

 この9章にあるマスターの言葉の背後にある意味を理解することができれば、私たちはさらなる光を見始めることでしょう。あなた方にとって、サイキックな力(感情・思考体)の発達は非常に大切だとお伝えしたいと思います。(ここで言う発達とは、単に透視能力、透聴力やトランス状態の霊媒といった能力の発達だけではなく、魂の性質の発達を意味しています。)あなたは、自分自身の能力の可能性について理解するべきです。また、過去に起きた物事の結果として、精神的な病、悲しみ、痛みが起きていること、それらの苦しみの結果あなたの内では魂の発達が起きていることを理解しなくてはなりません。私たちは、あなたの問題や事故、悲劇が残酷な神によってもらされたのではなく、魂の自然な発達過程の一部としてもたらされたものだと考えてほしいのです。外的な次元で災害としてあなたの目に映るものが、最終的には、幸福と光に向かうあなたの魂の成長のためにもたらされた、素晴らしいパターンの一部であることが認識されることでしょう。救済という言葉を使っても良いかもしれません。美しい力が常に、魂を徐々に霊的な命に開花させるために働いています。

 

 このようにして、キリスト──あなたの内にある光、命、真理──は、あなたの魂を通じて働き、あなたに救済をもたらすのです。これが、キリストによる救済が意味することです。しかし、この言い方には多くの人が反論するかもしれません。彼らは、すべての人が自分自身に責任がある、種蒔く人が刈り取ることになる、だから、自分以外に自分を助けられる人はいないのだと言います。しかし、そうではありません。彼らは、内なる永遠の霊であるキリストによって生きることで、彼ら自身を救うことができるのです。だからこそ、キリストはすべての人類の救世主なのです。

 

 あなたが苦しんでいるとき、どうか忍耐強くあって下さい。腹を立てずに、あなたの人生の経験を受け入れて下さい。腹を立てても、カルマを解消しようとする働きをただ引き延ばすだけです。もし、あなたに起きるすべての出来事が、愛である神聖な法則の働きによって起きていることを受け入れることができれば、あなたは地上の苦しみという意識の低い次元を急速に通過していくでしょう。そのとき、あなたのハートは創造主を賛美するために歌い出すことでしょう。なぜなら、制限されたあなたの肉体的、物質的人生の中でさえも、神は花々を喜びを持って開花させ、すべての男と女を完全にするという、美しい目的を完遂するために働いているのをあなたは知っているからです。あなたはここでこう言うでしょう。「では、私たちが目にする下劣で、不快な状況や残酷さをすべて受け入れるということでしょうか。私たちはただ座って、苦しみを軽減するために何もせず、『これが神の意志だ!』と言っていれば良いのでしょうか」 私の友よ、いくつかの状況の中ではあなたは何もできずに無力かもしれません。しかし、あなたは、マスターがはっきりと表現したような愛や慈悲というものを発達させることによって、人類を助けることができますし、またそうしなくてはなりません。あなたの日々の生活を、他者への共感に満ちて過ごして下さい。苦しみに背を向けないで下さい。すべてのレベルにおいて、苦しみを軽減させるためにできることをすべて行って下さい。これこそが、あなたが奉仕できる機会、何よりも光と慈悲を与えることのできる機会だからです。また、あなたが見ることができる以上に深いところで、神はヒーリングという塗り薬で手当してくれていることも常に忘れないでいて下さい。

 

*  *  *  *  *  *  *